2018年01月18日

【ヒキコモラー流PC環境快適化計画6】マウスとキーボードをワイヤレス化するメリット

ひ004.png

私は有線接続が好きです。ヘッドフォンやデジタルパワーアンプは有線ですしネットもルーターからカテゴリ7のLANケーブルで繋いでいます。

ではなぜマウスとキーボードをワイヤレスにしたのかと言いますと、私がズボラなヒキコモラーであり、ほぼ全ての時間をベッドの上で過ごすからです。

ベッドに仰向けになってPCを使用しているとマウスとキーボードのコードが非常に邪魔になります。恐らくテーブルやデスクに座って入力機器を扱うよりもコードの煩わしさを痛感すると思います。

そしてワイヤレスにした最大の理由は、冬場に布団の中でマウスとキーボードを扱うためです。冬になると布団から手を出すと寒さでマウスとキーボードを扱うのが辛くなります。しかし有線だと布団がコードを抑えて非常に扱いにくい。

空気が乾燥する季節にエアコンは使いたくない。また暖房器具を極力使用せず電力をカットすることで省エネにもなる。もうワイヤレス化しない手はありません。

私がワイヤレス化で使用しているのはUnifyingレシーバーとその対応機器ですが、これは新PCに無線系のボードを載せていないのとUnifyingを旧PCから使ってきたからです。

ノートPCやBluetoothのボードを載せているデスクトップPCならBluetoothのワイヤレス機器で良いと思います。

私はドライバーやハードウェアの相性などの不安材料を少なくするためにボードタイプの構成パーツはできるだけ追加したくないのでUSBドングルで手軽にワイヤレス化できるUnifyingで間に合わせています。

間に合わせていると言ってもUnifyingは6台までデバイスを接続できるので私の使用目的での不足はありません。

使用マウスはシンプルな3ボタンタイプのLogicool M235r。4年間このモデルばかり。


キーボードはLogicool K270。電源スイッチがあるので布団の中でタイピングするときはON、それ以外はOFFにしておくことで誤動作を防げます。


K270はマウスやトラックボールとのセット販売もありますので、入力デバイスを一度にワイヤレス化したい場合はお得です。

布団の中での感度ですが、マウスは良好、キーボードは遅延や無反応が若干あり。

Unifyingを含むUSBドングル型レシーバー全般の注意点ですが、使用デバイスとの距離ができるだけ短くなるUSBポートに挿してください。

また、レシーバーがUSB2.0機器なら上記に加えてUSB2.0ポートの利用をオススメします。例えばPC前面のUSB2.0ポートです。詳細は別記事にしてありますので宜しければご覧ください。


ワイヤレスマウスの反応が急に鈍くなったとき単純なのに見落としがちな原因


【使用マシン】
サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル

【構成パーツ・周辺機器】
●CPU


●マザーボード


●メモリ


●グラフィックボード


●電源


●マウス


●キーボード


●USB延長ケーブル


ランキング参加中 ワイヤレスにしたい!という人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
posted by 在宅郎 at 15:38 | Comment(0) | PC環境快適化計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月17日

スクフェスIDが危険ですと!?おのれGoogle!

ひ004.png

昨日Googleからメールが届いていました。

件名を見ると「Google アカウントで見つかった 2 件のセキュリティの問題を解決してください」全く覚えがありません。
Google_securityalert0001.png


早速アクセスしてみると......危険性の高いデータアクセスの削除という項目にスクフェスIDが載っているではありませんか。
Google_securityalert0002.png


そしてこんなことが書いてありました。

このアプリまたはサービスはユーザーの個人情報に幅広くアクセスしますが、そのデベロッパーの情報はGoogleによって確認されていません。信頼できるものでない場合は削除してください。

GoogleがスクフェスIDを認めていないということでしょうか。スクフェスIDに登録して日が浅いのでよく分からないのですが、まさか信頼できないということはないでしょう。

下にある他のアプリも表示をみると、試しに今までインストールしたアプリがズラリとならんでいました。その数34個。
Google_securityalert0003.png

Googleは親切なのかありがた迷惑なのか。セキュリティとプライバシー保護に力を入れてくれるのは心強いのですが、設定画面が非常に分かりにくいのでいつも混乱します。しかもバージョンアップして、いきなり設定ページが刷新されていたり。もう何がなんだか。

ランキング参加中 スクフェスは信頼できる!と思った人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
posted by 在宅郎 at 13:00 | Comment(0) | マウスで頑張るスクフェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月16日

ワイヤレスマウスの反応が急に鈍くなったとき単純なのに見落としがちな原因

ひ004.png

サイコム Radiant GZ2600X370A AMD RyzenモデルでUnifying(ワイヤレス)マウスの反応が急に悪くなったときがありました。ドライバー→Unifyingペアリングアプリ→マウス本体と犯人を探していたのですが、非常に単純な原因だとわかったので記事にします。

原因はUnifyingレシーバーとマウスの距離。あと、私の使用環境独特だと思うのですが掛け布団の中で操作していることも不具合を助長していたと思われます。50cmのUSB延長ケーブルにUnifyingレシーバーを挿しPCの前面に移動するとウソように直りました。
USB_r0004.png

USB_r0005.png


私は旧PCの頃からいつもベッドに仰向けでPCの操作していますが、冬になると寒さで手がかじかんで上手く動かせなくなるので掛け布団から手を出して操作をするのが億劫になっていました。

暖房を使えば良いのかも知れませんがロフトベッドのため床置の暖房器具では手の冷えは解消されません。エアコンは喉と皮膚が乾燥するので最初から設置していませんし、暖をとるだけならマットレスの上にひいてあるホットカーペットの電源を5分も入れておけば十分です。

そこでキーボードと共に入力機器のワイヤレス化をしたのです。すぐにUnifyingレシーバーと対応機器を購入。これで布団から手を出さなくてもマウスが使えるので満足していました。

ところが新PCにしてスクフェス(ラブライブのリズムゲーム)のプレイ中にマウスポインターの動きが鈍りアイコンがクリック不能になる症状が頻発。そして先述の原因の究明と対策に至ったのです。

新PCはUnifyingレシーバーを背面のUSBポートに挿しています。理由はUnifyingレシーバーがUSB2.0機器であり、このPCのUSB2.0ポートが背面にあるからです。
USB_r0003.png


USBはコネクタのタイプが同じならバージョン問わず挿すことができます。現在Aタイプが主流ですがUnifyingレシーバーもAタイプ。しかし実際はバージョンが違うと不具合が出やすい規格でもあります。ですからUSB2.0の機器はUSB2.0ポートで使いたかったのです。ところがどうも調子が悪い。

試しにマウスとキーボードのシールが横に貼ってあるVR Boostに挿してみたのですがカクカクで元の場所よりも使い物になりません。これはVR機器や有線入力機器に特化したUSBポートみたいなので当たり前かも知れません。
VR Boost.png


ドライバーを削除してもダメ、Unifyingソフトを再インストールしてペアリングしなおしてもダメ、Windows10設定を見直してもダメ。

まさかマットレスに着けているマイクロファイバーの敷きパッドがマウスと相性が悪いのかとすら考えましたがそれも違いました。


これはいよいよマウス本体の故障かと思い始めたのです。私は以前の記事でマウスの動きがおかしくなればソフト面の設定に時間を費やすより潔くマウスを新調することを薦めていました。

しかし今回のケースは単純に距離の問題でした。旧PCは前面下部にUSB2.0ポートがあり、そこにUnifyingレシーバーを挿していたので距離によるトラブルがなかったのです。

もし、あなたのワイヤレス機器の動きが急に悪くなったらレシーバーとの距離を変えたり遮蔽物がないか確認してみてください。


【使用マシン】
サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル

【構成パーツ・周辺機器】
●CPU


●マザーボード


●メモリ


●グラフィックボード


●電源


●マウス


●キーボード


●USB延長ケーブル


ランキング参加中 冬のマウス操作は辛い!という人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
posted by 在宅郎 at 16:34 | Comment(0) | PC環境快適化計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事