2017年02月02日

テライヨンからブリタに買い替えて良かったこと悪かったこと

ひ004.png

テライヨンからブリタの浄水ポットに買い換えて約3ヶ月が経ちました。
良かった点と悪かった点を書き出してみます。
購入モデルはマレーラ XLです。色はホワイト。



良かったところ
・大容量
・浄水フィルターの交換目安2ヶ月
・飲むときに濾過前の水が混入しない


悪かったところ
・満水にすると非常に重い
・厚みがあるので場所をとる(冷蔵庫には入らない)
・交換目安のデジタルカウンターは役に立たない


結論から言えばブリタに買い換えて満足しています。ただ満水状態のマレーラ XLはかなりの重量なので両手で持った方が良いでしょう。

この商品に辿り着くまでの経緯を少し。
私は年中水分を摂るので、とりあえずペットボトルのミネラルウォーターを利用していました。しかし2Lのボトルでもすぐになくなってしまいますしゴミも出ます。とても面倒で勿体無い気がしてきました。

手が届く範囲で水を供給できるものが欲しい。ヒキコモラーとしてはできるだけ動かずに目的を果たしたいので情報を集め始めました。

その末に購入したのがポット型の浄水器。
濾過カートリッジの着いたポットに水を入れると綺麗になった水が下にたまる。シンプルかつ便利なアイテムだなと感心したものです。

購入前にはどの浄水ポットにするか、かなり吟味しました。BRITA(ブリタ)と Terraillon(テライヨン)で迷い、選んだのがテライヨンのフローラル。価格は2,381円。2010年のことです。

濾過カートリッジが150Lと60Lの2種類あり浄水能力が高い60Lタイプの3個セットを合わせて購入。ナイトラクラッシック 60Lという名称のカートリッジで2,500円でした。

テライヨンのフローラルは比較的薄型で、手軽に使用するには持って来いでしたが、暫くしていくつか不満も出てきました。

水をコップに注ぐとき、濾過前の水がどうしても入ってしまう。また傾けすぎると上蓋が落ちる。上記のことが起きるのは密閉性がないからです。

密閉性がないので完全に水を貯められません。

しかしブリタのマレーラ XLは濾過前の上部エリアと濾過後の下部エリアの完全な二室構造になるので水が混ざりません。ポット容量ギリギリまで水を入れることができます。

テライヨンのフローラル場合、濾過後の下部エリアの容積より水を沢山入れてしまうと飲むときに注ぎにくくなってしまいますし、元々ポット容量が少ないため、結局何度も水を汲みに行かなくてはなりませんでした。

浄水フィルターのカートリッジも、いつの間にか濾過項目の多い60Lタイプがラインナップから消え、150Lのフィルトラプラスだけになってしまいました。


その型番もTWK954WTやTWK953WTなど、色々ややこしい印象が残っています。本体にかなり傷が入ってきたこともあり買い換えることにしたのです。

ブリタのマレーラ XLはエレマリス XLに次いで容量が大きいモデルです。最大容量のエレマリス XLにしなかったのは取っ手が折れそうな構造だったからです。実際に破損報告もあるようなので避けました。

マレーラ XLは浄水部容量が2.0ℓでエレマリス XLは2.2ℓ。200ml少ないだけなら安全性を重視してマレーラ XLがベストな選択だと思います。

ただ大容量なのでかなりスペースを専有します。横からはコンパクトに見えますしさほど高さがあるように感じませんが、上から見ると楕円形をしており、やはり大きいです。

夏場に冷やして飲みたい人には不向きでしょう。冷蔵庫にはまず入りません。
私の場合は氷を入れて飲むので問題ありませんでした。

サイズは下記の通りです。
・マレーラ XL
容量:3.5ℓ(その内浄水部容量 2.0ℓ)
縦:25.6cm
横:14.7cm
高さ:25.8 cm
付属品:浄水カートリッジ

家族全員で冷水と温水を手軽に飲むならウォーターサーバーが良いと思います。
クリクラ ウォーターサーバー
地域の条例に従ってペットボトルを処分する煩わしさもありませんし、平屋やマンション住まいなら汲みに行く手間も少ないでしょう。



クリクラ ウォーターサーバー

ランキング参加中 クリックして管理人に恵みの水を与える!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
posted by 在宅郎 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


人気記事