【RyzenPCレビュー2】サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzen 使用一ヶ月

ひ004.png

サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデルを使用して一ヶ月が経ちましたのでレビューします。

レビューと言っても、ベンチマークや測定値などの性能テストではなく1ユーザーとしての体感なのでご了承ください。数値的なレビューは専門家が記事にしておられますのでそちらをご覧いただければと。

さて使用しての感想ですが、スペックからくる不満は一切なく軽やかに動作してくれるので非常に快適です。ただ最初は動きがもっさりしていて「折角マザーボードまで吟味して買ったPCなのにこの程度?」と少し拍子抜けしました。

原因の一つはWindows10。初Windows10なのですが便利機能やお助け機能がやたら増え、逆に使い勝手が悪いのです。

そこでまずは不要なアプリを削除することに。プログラムの削除からは不可能なMicrosoftアプリを下の記事を参考に削除。かなりスッキリしました。

1分で、Win10のプリインアプリを全削除

加えて設定を色々変更すると、みるみる動作が軽くなりました。Windows10は悪いOSではないのでしょうが、一ヶ月過ぎてもやや不満が残る面があります。色やフォントサイズなどの変更項目が制限されていたり、慣れでは解消されないもどかしさや不便を感じずにいられません。

あと、これは不満というより不安ですが、オンボードグラフィックがないのでグラフィックボードに不具合が出ればディスプレイに表示する術がなくなります。この一ヶ月間でグラフィックドライバーに関係すると思われるブルースクリーンエラーが二度起こりました。AMD Ryzenモデルの場合はオンボードグラフィックで凌ぐという方法が使えないので注意を要します。

Intelならその不安はないのでディスプレイ表示に保険をかけたいならグラフィック機能を持つIntel Coreiシリーズ搭載モデルを選ぶのが賢明でしょう。

私はAMD Ryzenモデルが気に入ってます。

サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル

サイコム G-Master SLI-Z370 最新の第8世代インテル® Core™ プロセッサー対応ハイエンドゲームPC


ランキング参加中 PCが欲しくなった人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント