一生継続できる健康法という謳い文句の罠

「短期間で無理なダイエットをするのではなく一生継続できる健康法」実に良い言葉ですね。でもそれ本当に継続する意味があるの?と私は思います。

この謳い文句、一見親切そうですが本当はとても不親切なのです。だってダイエットしたい人を対象としているのに「健康法」にすり替えているのですから。

「ダイエット」から「健康」へと具体性が下がっているのに、何を一生継続させるのでしょうね。末永くジワジワと客から搾り取ろうという魂胆がミエミエです。

しかも一生継続できると言ったかと思えば最強の1ヶ月メニューと言ってみたり。1ヶ月で良いの?一生やらないといけないの?頭がどうかしているのでしょうかね。

大体何が最強なのかと思います。最強の「矛」と最強の「盾」を同時に併せ持つ強化外骨格みたいな理屈ですか?

それにこの謳い文句はダイエットだけで体型改善が終わらない人が多いことも見落としています。もしかして見落としているのではなく、知らなかったり、わざと避けている、なんてこともありえます。話が横道に逸れるので今回はダイエットだけの話にしましょう。

ダイエット限定の指導を謳うなら、上手な文章ではありませんが私ならこう書きます。

あなたに体脂肪を優先的に減らすことができる指導をします。ただしゴールまでの期間は体のステージによって違うので確約できません。

最強の1ヶ月メニューはありません。そのかわり脂肪が減る仕組みを理論的にご説明します。3ヶ月~1年半ゴール目指して頑張ってみましょう。人によっては忍耐や我慢が必要なときもありますがこの期間内で大抵の人がゴールできます。

あとは現状維持か体のステージアップを目指して次のゴールを目指すか選択してください。

ゴールできた人なら現状維持に費やす時間も苦痛も僅かです。できた時間で趣味を存分に楽しんでください。継続させることが目的の漫然とした運動は必要はありません。


そもそも「健康法」って何でしょう。
物凄く曖昧で、こういう類の話はすぐオカルトに行ってしまいます。だって「健康法」という言葉はスキだらけですから。

もっと言えば「ダイエット」って減量だけを意味している言葉ではありません。どちらかと言えば健康食という意味が強いのです。辞書を引いてみてください。

あれ?「ダイエット」=「健康法」になってしまいますね。つまりダイエットという言葉を無闇に使うと焦点がぼやけてしまうのです。ぼやけるから商売人は「ダイエット」を多用するのでしょう。

先程の文章内で私が「健康」や「ダイエット」と書かずに「体脂肪を優先的に減らす」と書いたのはそういう意味があります。脂肪を減らしたいんでしょ?皆さん。

相当な肥満体の人でも正しい知識を元に正しい手順を踏めば、減量に何年も掛かりません。一生かけて減量するなんて考えただけで気が遠くなりそうです。



かっこいい体をつくる
『~THE SHOT~』短期間で且つ確実に体脂肪1ケタを目指す!
『筋トレ大百科』筋トレで肉体改造をするための聖書(バイブル)



ランキング参加中 意味不明な健康法を一生続けるなんてまっぴらゴメンだ!と思った人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント