”それでも”と言い続けろ。部分痩せは不可能だと

未だにいます。
部分痩せができると言いはる輩が。どうしてでしょうね。

数日前にも部分痩せは可能だなんて記事タイトル見かけました。ボディビルダーを都合良く説得材料に持ち出して。ボディビルダーに失礼だと思わないところが腹立たしい。

部分痩せに関する研究はいくつかあるようですし、部分痩せ願望を持っている人が喜びそうな結論を出しているところもあります。

しかし目覚ましいほど部分痩せできた実例なんて私は一度も見たことがありません。実体験でも腹部だけ優先的に脂肪が落とせたことなんてありません。腹部の脂肪を手首あたりの厚みまで減らせますが、まず腹回りの脂肪から落とすぞなんてできませんでした。

●AthleteBody.jp お腹やせエクササイズという夢物語より

研究2:腹筋運動をすればポッコリお腹は凹むのか?

ポッコリお腹を解消するために、腹筋運動を繰り返す人は少なくないと思います。腹筋運動をすることで、本当にお腹を凹ませることができるのかを見ていきましょう。

この研究では、週5回の腹筋運動を6週間実施した時に、お腹の体脂肪や腹囲にどのような変化が出るのかを調べました。

被験者は、筋トレを行うグループと、なにも運動をしないグループに分けられました。筋トレには7種目の腹筋運動が選ばれ、各種目は10回を2セットずつ行なわれています。

つまり、1日に合計100回以上もの腹筋運動を行なっていたことになります。

6週間後、腹筋運動をこれだけたくさん行なったのにもかかわらず、腹筋運動をしたグループでは、お腹の体脂肪は減っていませんでした。

また、両グループ間で比較してみても、お腹の体脂肪や腹囲に差は見られませんでした。



●AthleteBody.jp お腹やせエクササイズという夢物語より

研究4:軽い重量で太ももの運動をすれば脚は細くなるのか?

「カッコよくジーンズを履くために、軽い重量で筋トレをして太ももを細くしたい。」と考えられることもあるようですが、実際にそんなことが可能なのでしょうか?

この研究では、週3回の脚の筋トレを12週間行うことで、太ももの体脂肪量にどのような変化が出るのかを調べました。

被験者には、一方の脚だけ筋トレを行なってもらい、もう片方の脚は運動を行いませんでした。筋トレをした側の脚は、1回のトレーニングで、軽い重量を使ったレッグプレスを約1000回行なっています。

12週間後、両太ももの筋肉量は増えませんでした。これは、レッグプレスで扱う重量が筋肉量を増やすのに十分ではなかったからだと考えられます。

レッグプレスをしたことによって消費カロリーが増えたため、被験者の体重は減っていました。

しかし、太ももの体脂肪量を調べてみると、運動をしなかった太ももの体脂肪量はわずかに減っていたのに対して、筋トレをした太ももでは変化が見られませんでした。

トレーニングをした脚の方が体脂肪の減り幅が小さくなったというのは、部分やせの狙いとは反対の結果です。

しかし、ここでの減り幅も12週間で50gの差にしかなっていないので、気にする意味がないと言えるでしょう。


私がこんなところでいくら言っても説得力がないので、まともなインストラクターさんお願いします。まともに肉体改造しているトレーニーの皆さんにもお願いします。

嘘やデタラメな言論は魅惑的なので手強いですが”それでも”部分痩せは現時点においては不可能だと言い続けてください。

正しい言論が少しずつでも広がればフィットネスを取り巻く環境も変わりますしボディメイクで悩み苦しむ人が減ります。健全なフィットネス社会になることを私は切に願います。

Athletebody.jp フィットネス業界のウソと戦う肉体改造ガイド
体幹トレーニングの落とし穴
お腹やせエクササイズという夢物語
ダイエット中の筋トレと有酸素運動
ダイエットガイド
栄養管理のピラミッド

ランキング参加中 部分痩せなんてできるわけねーーーーだろ!と思った人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント