AMD RyzenとMicron製チップ搭載メモリの相性は悪いのか

ひ004.png

前にメモリの換装記事をアップしましたが、気になったことがRyzenとMicron製メモリとの相性です。

サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデルを注文する際、メモリは基本構成のままでした。メーカー名や採用チップの製造元が記載されていませんでしたが、先々メモリ換装を予定していたので軽く考えていました。

PC到着後、Windows10をインストールして新PCの使い心地を色々試していたのですが、ブルースクリーンが何度か発生したのです。まずWindows10が悪さしているのではと疑いを向けました。次にグラフィックカード。グラフィックカードは比較的相性問題やアクシデントが多いですから。

しかしブルースクリーンにはMemoryと表示されます。しかしそれでも何故か私はメモリに原因があるとは考えませんでした。そしてネットで調べ尽くして次のことを実行。

BIOSの更新→ハズレ(既に最新だったのを更新)
電源設定の見直し→ハズレ(最初からスリープやセレクティブサスペンドはなし)
GameDVRの無効化→ハズレ
グラフィックボードのドライバー削除と再インストール→ハズレ
NVIDIAのPhysX設定を自動選択からグラフィックカードへ固定→ハズレ


できる限りのことを試しましたが問題解消には至らず、またエラーによるブルースクリーンが。

ある人は完全にハードウェアの問題なのでハードを交換すれば問題は解決すると言い、またある人はハードの交換は最終手段なので設定やソフトウェアを見直して解決を目指しましょうと言います。

結局、私の場合はハードウェアでした。

CORSAIR DOMINATOR PLATINUM CMD16GX4M2B3000C15に交換したときに、サイコムの標準メモリを確認しましたがチップにMのロゴとCPGの文字がプリントされていました。
Micron CPG0001.png

Micron CPG0004.png

Micron CPG0003.png


他のモデルはわかりませんが、少なくともRadiant GZ2600X370Aの標準構成メモリはMicron製チップを採用しているということです。

以前、価格.comでRyzenとMicronは相性が悪いのでSamsung B-Dieチップ搭載メモリを勧めるというのを読みました。

価格.comに限らずネットのQ&Aを鵜呑みにすると痛い目に遭うので、Micronとの相性についても懐疑的でした。しかし今回はその書き込みを肯定する結果となったわけです。

最終的に換装用メモリをCORSAIR DOMINATOR PLATINUM CMD16GX4M2B3000C15にしたのも、あの価格.comの書き込みが頭の片隅にあって、そこに貼ってあったリンク先でSamsung B-Dieメモリを確認していたからです。下記はそのリンク先の一部を画像にしたもの。
Samsung B Die CORSAIR DOMINATOR PLATINUM CMD16GX4M2B3000C15.png


換装用のメモリを初めはCrucial BallistixSport LTにしようと思っていました。グレードアップとしてサイコムの注文画面の選択肢にあったからです。RyzenモデルPCのラインナップにCrucial BallistixSport LTを入れているのだから無難かなと。
GZ2600X370A00000_BallistixSport LT.png


そのCrucial BallistixSport LTもMicron製チップ。もしこれを購入していたら博打になっていたかも知れません。

新PCのレビューで私はずっとサイコムでの購入を勧めてきましたが、Ryzenモデルに関してはサイコムのパーツの選択肢に疑問を持っています。サイコムにはRyzenモデルの構成パーツの見直しを提案したい。


Intelのモデルならサイコムで問題ないかと。
サイコム G-Master SLI-Z370 最新の第8世代インテル® Core™ プロセッサー対応ハイエンドゲームPC

打ち消し線にしてある見解は浅はかでした。詳細は下の記事をご覧ください。

安定稼働中のPCに載せているCORSAIRメモリはVer5.×。RyzenとHynixチップの相性は最悪らしいがこれは幸運なのか?

今回のことで私はWindows10の設計自体にも懐疑的になっています。インストール後数日でのブルースクリーン発生はWindows10以外で体験したことがないからです。

構成パーツも少なく新品、アプリも沢山インストールしていないのにエラー頻度が高いとくればもうWindows10の不具合を追求したくなるというものです。同じ思いを抱いている人が多いのも納得。

しかしQ&AサイトでWindows10は欠陥が多いOSではないのかと不信感を露わにしながら解決策を求める質問には、欠陥はあなたのその短絡的思考ですよと言わんばかりの回答が目立ちます。Windows10が欠陥OSなはずないじゃないかと小馬鹿にしたような回答ぶりに腹立たしさを覚えました。

Windows10が欠陥OSとまでは思いませんが未成熟であると思います。Windows7の方が余程快適でした。


2018.6.19追記
CORSAIR DOMINATOR PLATINUM CMD16GX4M2B3000C15に換装してから一度もなかったブルースクリーンがWindows10を1803へアップデートした途端に出ました。

やはりWindows10は曲者です。即座に前バージョンに復元。もちろん安定動作しています。



【使用マシン】
サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル

【構成パーツ・周辺機器】
●CPU


●マザーボード


●メモリ


●グラフィックボード


●電源


●モニター


ランキング参加中 メモリに悩まされた人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント