2018年01月18日

【ヒキコモラー流PC環境快適化計画6】マウスとキーボードをワイヤレス化するメリット

ひ004.png

私は有線接続が好きです。ヘッドフォンやデジタルパワーアンプは有線ですしネットもルーターからカテゴリ7のLANケーブルで繋いでいます。

ではなぜマウスとキーボードをワイヤレスにしたのかと言いますと、私がズボラなヒキコモラーであり、ほぼ全ての時間をベッドの上で過ごすからです。

ベッドに仰向けになってPCを使用しているとマウスとキーボードのコードが非常に邪魔になります。恐らくテーブルやデスクに座って入力機器を扱うよりもコードの煩わしさを痛感すると思います。

そしてワイヤレスにした最大の理由は、冬場に布団の中でマウスとキーボードを扱うためです。冬になると布団から手を出すと寒さでマウスとキーボードを扱うのが辛くなります。しかし有線だと布団がコードを抑えて非常に扱いにくい。

空気が乾燥する季節にエアコンは使いたくない。また暖房器具を極力使用せず電力をカットすることで省エネにもなる。もうワイヤレス化しない手はありません。

私がワイヤレス化で使用しているのはUnifyingレシーバーとその対応機器ですが、これは新PCに無線系のボードを載せていないのとUnifyingを旧PCから使ってきたからです。

ノートPCやBluetoothのボードを載せているデスクトップPCならBluetoothのワイヤレス機器で良いと思います。

私はドライバーやハードウェアの相性などの不安材料を少なくするためにボードタイプの構成パーツはできるだけ追加したくないのでUSBドングルで手軽にワイヤレス化できるUnifyingで間に合わせています。

間に合わせていると言ってもUnifyingは6台までデバイスを接続できるので私の使用目的での不足はありません。

使用マウスはシンプルな3ボタンタイプのLogicool M235r。4年間このモデルばかり。


キーボードはLogicool K270。電源スイッチがあるので布団の中でタイピングするときはON、それ以外はOFFにしておくことで誤動作を防げます。


K270はマウスやトラックボールとのセット販売もありますので、入力デバイスを一度にワイヤレス化したい場合はお得です。

布団の中での感度ですが、マウスは良好、キーボードは遅延や無反応が若干あり。

Unifyingを含むUSBドングル型レシーバー全般の注意点ですが、使用デバイスとの距離ができるだけ短くなるUSBポートに挿してください。

また、レシーバーがUSB2.0機器なら上記に加えてUSB2.0ポートの利用をオススメします。例えばPC前面のUSB2.0ポートです。詳細は別記事にしてありますので宜しければご覧ください。


ワイヤレスマウスの反応が急に鈍くなったとき単純なのに見落としがちな原因


【使用マシン】
サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル

【構成パーツ・周辺機器】
●CPU


●マザーボード


●メモリ


●グラフィックボード


●電源


●マウス


●キーボード


●USB延長ケーブル


●LANケーブル



ランキング参加中 ワイヤレスにしたい!という人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
posted by 在宅郎 at 15:38 | Comment(0) | PC環境快適化計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事