血液型性格分類を信じている人が体型を変えられるわけがない

ひ004.png

私達日本人は科学や医学の恩恵に預かりながら生活しています。ですから誰でも一定水準の科学的知識やそれに基づいた知恵を持っているはず。

当然、筋肉はどうすれば増えるのかとか体脂肪はどうすれば減るのかとか、体組成に関わる疑問への答えも出ていて、体型コントロールを実現させるための具体的ノウハウも多く蓄積され、発信もされ、無料でもある程度良質な知恵を受け取っているはずです。仮に今は受け取っていなくても本気ならばすぐに手に入れられるはずです。

私がお薦めするAthletebody.jpという無料サイトはその恩恵のひとつです。

Athletebody.jp
肉体改造スタートガイド
ダイエットガイド

しかし。体型コントロールをしたい人にとって十二分な実践法があるにも関わらず未だに体型を変えられない人がいる。不思議だと思いませんか?あなたもその一人でしょうか?

一定水準の科学的知識やそれに基づいた知恵を持っている人でも体脂肪を落とすとなると、体脂肪を減らす食品とか、体脂肪を減らす飲料とか、体脂肪を減らす食べ方とか、体脂肪が大量に燃えるストレッチとか、体脂肪が大量に燃える呼吸法とか、腸内細菌で痩せやすい体質にするとか、どんどん確実な実践法から遠ざかっていきます。

おにぎりダイエットとか、白湯ダイエットとか、プロテインダイエットとか、キャベツダイエットとか、バナナダイエットとか、キュウリダイエットとか、この手の○○ダイエットなんて見ているこちらまでIQが急低下しそうなくらい意味不明です。

これは筋肉を増やすときも同じで、装着するだけで常に筋肉を刺激してくれるというアイテムを買ったり、腹筋マシンでギッコンバッタンと延々反復させるという方向に行ってしまうのです。

私は血液型性格診断を信じている人の思考回路に凄く似ていると感じました。血液型というのはABOの「あれ」です。「あれ」を信じている人のこじ付け振りは時として病的ですらあります。

何でも都合良くこじ付けていれば一時的にはストレスフリーでいられます。しかしそれでは脂肪も減らないし筋肉も増えません。


例えば1日1分エクササイズとか、1ヶ月最強メニューとか、細マッチョ完全攻略とか、お腹の脂肪を落とすにはスクワットやバーピーとか、12週間で5.4kgの筋肉を増量させた脅威の筋肉サプリメント!とか、糖質制限とか、グルテンフリーとか、バターコーヒーとか、牛乳は害とか、合成保存料は危険とか、男はソイプロテインを絶対摂るなとか。
@dai_fitnessbody .png



そんな言葉を真に受けてしまうのです。いやいやそれはおかしいでしょう、その前にもっと大切なことがあるでしょう、他に確実で効率的なポイントがあるでしょうと言いたくなります。

しかし、いくらそれはデタラメだよと周りが諌めても、信じた自分を否定したくないので強引に成果が出ているとこじ付けてしまうのです。

スクワットはオススメの筋トレですが、部分やせは不可能なのでスクワットで太ももに隙間ができるという理屈はこじ付けです。300回と10回前後が限界の負荷で行う腹筋運動は10回の方が腹筋発達には有効です。足を鍛えるために外で1万歩ウォーキングするよりも室内で高負荷スクワットやカーフレイズやったほうが遥かに安全確実に足が鍛えられます。スクワット毎日30回よりも8回3セットが限界の負荷を週3やるほうが筋力が効率的に伸びます。

そういえば血液型ダイエットというオカルトもありましたね。ドローイングなんちゃらというのもありましたね。

もうそろそろ確証バイアスや自己成就予言から脱却しましょう。自分にウソをついても体は変わりません。自分にウソをついている限り、劇的な効果を煽る食事法と筋トレ法に騙され続けますよ。

Nice Body Make・・・よもやま話
第52回 ダイエット開始直後の体重減の正体は水分です!

ランキング参加中 血液型占いを撲滅したい人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント