1日1分のようなお手軽筋トレは無駄だらけ。低速ギアだけでは自転車のペダルを懸命に回してもゴールは遠い

ひ004.png

似たような記事を何度も書いていますが、まだ無駄が多いと知らずに1日1分エクサイズや簡単筋トレを頑張っている人がいるので今回も同じテーマで投稿します。

まず変速機付きの自転車を想像してみてください。低速ギアって異常なほど軽いのですが、これを筋トレに例えると最大筋力(ようやく1回できる負荷)の2割程度の運動というところでしょうか。2割でも3割でも、とにかく何十回とできてしまう運動をイメージしてください。

そんな何十回もできるような低負荷の運動をいつまでも行うのは本当に無駄で利口ではないのです。何故ってゴールを目指すには凄く非効率ですから。



初めは軽いギアで構いません。つまり軽い筋トレでも構わないということ。運動をしなかった人が筋トレを始めるという意味においては好ましいことです。

しかしいつまでも低速ギアではゴール地点になかなか到着できません。勢い良くクルクルとペダルを回せますから、筋トレを始めたという達成感も手伝って頑張っている気分は最高潮になります。効率的にゴールに到着できないことに気付かないまま。



この段階で知恵を付けて効率を上げる必要があります。その知恵とは高いギアにすること、シフトアップすることです。低速ギアで既に走り始めていますから、シフトアップしてもペダルはそんな重くないはずです。

そう、シフトアップしてもそんなに苦しくないのです。これが過負荷の原則と漸進性の原則の面白いところ。

勘の良い人はすぐに気付きます。「あ、低速ギアだけ使うのはロスが多いんだ。いくらクルクルを素早くやっても効率が悪い。よしギアを上げよう。どのタイミングでギアを上げるのが良いのか調べてみるか」

ここで筋トレにおける強度の概念やオーバーロードの原則を知るのです。そういった概念を教えてくれる人やコンテンツは大抵まともですからカロリー収支と筋トレの関係性や三大栄養素の知識なども連鎖的に得られます。


また、○○ストレッチや○○ヨガと名のつく運動は動きが少なく強度も低く、ボディメイクにとって非効率だと実感するのもこの段階でしょう。




知識を得て、ベストタイミングでシフトアップすることにより前よりも楽に速度が上がります。ゴールへの到達も間近です。

ここで強調したいのは、人によってはいきなり重いギアでスタートできる場合もあるということです。重いギアでスタートできるポテンシャルや意気込みがある人は低速ギアなんてすっ飛ばしても構わないのです。

1日1分筋トレやお手軽エクサイズにこのシフトアップはありませんし、最初から重いギアを用意していないことにお気付きでしょうか。

漸進性過負荷の原則から外れているのでこんなもの1分でも5分でも10分でもダメ。しかしインチキインストラクターはとにかくペダルを回し続けましょう、何度もクルクルしましょうと言います。

そして「ね、すごく汗が出るでしょ?これで脂肪がぐんぐん燃焼しますよ!筋肉つきますよ!基礎代謝上がりますよ!」と魔法の言葉(デタラメ)を吹き込むのです。

MuscleWatchin_uso_dema_inchiki.png

MuscleWatchin_ase_uso_dema_inchiki.png


目立ってデララメを拡散して無知な人を騙して......もうそういうのは政権交代をお膳立てしたマスコミと当時の民主党だけにして欲しいものです。
c330793b01.png

819a5801.png


ホットヨガのウソ。高温多湿でヨガをすれば脂肪が減る?ならば赤道直下へ移住しろより

「ホットヨガ」とは(一例)
・室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガ
・ヨガの呼吸法はより多くの酸素を体に取り入れることができる
・血流がよくなることで新陳代謝が上がり脂肪燃焼効果が得られる


私はこう思います。

「ホットヨガ」の真相
・高温だから発汗が促される
・大量に発汗することで脂肪が燃えたと思い込む
・水分が失われるためレッスン直後の体重が減る
・即効性があると錯覚する
・効率が上がると誤認する








●AthleteBody.jp 有酸素運動とガンコな脂肪より

痩せたい、脂肪を落としたい、ポッコリお腹をどうにかしたいという時、まず話題に挙がるのが有酸素運動です。

一部の例外を除いて、当サイトではクライアントの方に有酸素運動を薦めていません。「脂肪燃焼」という目的では、有酸素運動は非効率だったり必要なかったりするからです。

格闘家やスポーツ選手、さらには市民ランナーなど、競技力向上のため必要だったりそれ自体を楽しまれている場合には、有酸素運動はもちろん有意義なものです。

しかし、ジムのトレッドミルやステーショナリーバイクで汗を流す人の大半は「脂肪燃焼」がゴールでしょう。ほとんどの場合、脂肪を落とすには毎週何時間も有酸素運動に費やすよりも食事内容を改めた方がずっと効率的です。

「身体を動かす=やせる」という考え方がひとり歩きして、少し過大評価されている感がありますね。もちろん個人差がありますが、食事の調節でかなりのところまで脂肪を落とす事ができます。





そんな指導者は単なる無知か自己顕示欲の塊(●uscle●atching 高●達●)。あるいは金銭欲しかない商売人です(Mu●cleWa●ching 高●●弥)。夢を見せている裏であなたの可能性を潰すクズ(Musc●eW●tching ●稲達●)。



もう一つのパターンは高速クルクルの成果がすぐに出なくなり、筋トレ自体に不信を抱く人。「どうせ筋トレなんてやっても面倒なだけで成果出ないじゃないか!やっぱり菌活とか血流とか遺伝別のダイエット法やるわ!」とゴールと反対側に向かってしまうのです。

重い腰をあげてようやく運動を始めた人に厳しいかも知れませんが、体型改善を目的にしているにも関わらず、知識を得るステップを怠り、お手軽筋トレなんてホイホイ取り入れるから、その充足感に酔ったあまり勘違いとも気付かずに成果が出たと発信したり、筋トレなんて全く効果がなかったなんて無神経な発言をするのです。

そしてますます夢のエクササイズと魔法の食品と装着するだけで体組成が変化するミラクルウエアが乱造されるのです。バカバカしいにも程があります。

こんな馬鹿なループは、まともな知識のない自称インストラクター(Muscl●Watchin● 高●達●)の肥やしにしかなりませんし、詐欺師にこのバカどもチョロいわと陰で笑われるだけです。

やらないよりマシ精神が悪いとは言いません。しかし、どこかのタイミングでやらないよりマシ精神を脱却しなければいつまでもクルクルクルクルを繰り返しながら自分は頑張っているという確証バイアスに陥るだけです。

それだけで終わるならまだ構いません。その体験を開かれた場に発信するとどうなるか。デマや思い込みを正しい情報だと信じる人もいるのです。

あなは公共の福祉に反する輩(M●scleWatchi●g 高●●弥)の手先になりたいですか?誰もが体脂肪を自在にコントロールし効率的にバランス良く筋肉を付けられる正当な知識とノウハウを、1日1分みたいなデタラメ情報の拡散で覆い隠しますか?

あなたは誰かの未来を潰しているかも知れませんよ。体型改善という未来を。



本気で確実に体型を良くしたいなら
『~THE SHOT~』短期間で且つ確実に体脂肪1ケタを目指す!
『筋トレ大百科』筋トレで肉体改造をするための聖書(バイブル)
『腹筋RED』割れた腹筋の作り方に特化した腹筋の専門書


Athletebody.jp フィットネス業界のウソと戦う肉体改造ガイド
体幹トレーニングの落とし穴
お腹やせエクササイズという夢物語
ダイエット中の筋トレと有酸素運動
ダイエットガイド
栄養管理のピラミッド


Atlas Online Fitness 科学的根拠に基づくフィットネス指導
理想のダイエット法というものは存在しない


Nice Body Make・・・よもやま話
第52回 ダイエット開始直後の体重減の正体は水分です!


ランキング参加中 重いギアのほうが好きという人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント