2018年02月11日

デタラメ→【太ももが太く お尻が大きいのは立ち方と歩き方が原因】←思い込み 筋トレを見下しボディメイクを語るクズ

ひ004.png

筋トレ・ストレッチなどなど何をやっても下半身太りが解消しなかった私が、40歳で体を変え、歩くことと呼吸のみで50代の今もスタイル維持できるようになった方法が「YURUKU」です。

↑アホですかこの人。世の中デタラメな人間だらけですね。独自の画期的メソッドのように吹聴していますが、何の事はない、歩いて呼吸をしろというだけ。

こういうのをデタラメソッドと言います。





痩せたいなら歩けというバカが随分前にもいました。名前は北條智則。笑ってしまうほどの詐欺師です。

劇的に痩せるという売り込みに騙されてDVDを買ってみれば、お腹いっぱい野菜スープを飲めそして歩けという身も蓋もない内容。見事に減量は失敗。

北條の書いた「シマウマ式。ダイエット生活。」という本の内容と同じなのをその数年後に知りました。

呼吸法で痩せるというのもいましたね。美木良介という詐欺師が。ロングブレス法で痩せられるのは体重三桁オーバーで体脂肪が恐ろしく多い人くらいなものです。

そんな人はちょっとした心掛けで脂肪が減るほど極度に太っていたというだけ。呼吸法で薄型ノートPCレベルに脂肪が減るのであれば生命維持に支障をきたし死者が続出。人口は10分の1くらいになると思います。

「YURUKU」のビフォーアフターの画像を見る限り、単にカロリー収支がマイナスになる状態を続けたから全体的に脂肪が落ちただけです。歩き方との因果関係は無いに等しいでしょう。

例え話をすると「YURUKU」の理屈は天動説みたいなものです。毎日登って沈む太陽を見て本人は「これは太陽が地球の周りをグルグルしているのね」と思い込んでいるということ。

普段、日は登って沈むと、多くの人は情緒的に表現します。それは構いません。しかし、なぜ日は登り沈むように見えるのかという理由を知らない人はいないはずです。余程文明から隔絶された生活を送っている人でない限り地球が自転しているからそう見えるのだと認識しています。

「YURUKU」は下半身痩せしたという主観から客観性をすっ飛ばして、そのまま姿勢と歩き方と呼吸法だという答えに結びつけているのです。主観を客観として語る理論は天動説と同じ。だからアホですかと書いているのです。

●AthleteBody.jp お腹やせエクササイズという夢物語より

研究4:軽い重量で太ももの運動をすれば脚は細くなるのか?

「カッコよくジーンズを履くために、軽い重量で筋トレをして太ももを細くしたい。」と考えられることもあるようですが、実際にそんなことが可能なのでしょうか?

この研究では、週3回の脚の筋トレを12週間行うことで、太ももの体脂肪量にどのような変化が出るのかを調べました。

被験者には、一方の脚だけ筋トレを行なってもらい、もう片方の脚は運動を行いませんでした。筋トレをした側の脚は、1回のトレーニングで、軽い重量を使ったレッグプレスを約1000回行なっています。

12週間後、両太ももの筋肉量は増えませんでした。これは、レッグプレスで扱う重量が筋肉量を増やすのに十分ではなかったからだと考えられます。

レッグプレスをしたことによって消費カロリーが増えたため、被験者の体重は減っていました。

しかし、太ももの体脂肪量を調べてみると、運動をしなかった太ももの体脂肪量はわずかに減っていたのに対して、筋トレをした太ももでは変化が見られませんでした。

トレーニングをした脚の方が体脂肪の減り幅が小さくなったというのは、部分やせの狙いとは反対の結果です。

しかし、ここでの減り幅も12週間で50gの差にしかなっていないので、気にする意味がないと言えるでしょう。


●AthleteBody.jp 有酸素運動とガンコな脂肪より

satoko
2015年3月23日 at 3:14 pm
先週このブログを見つけ、一気に全部読んでしまいました。間違った思い込みや曖昧な知識を正され、これから自信を持ってトレーニングできそうです。本当に、ありがとうございます。

有酸素とガンコな脂肪について、一つ確認させてもらえないでしょうか。(20代女性、6ヶ月のトレーニングで体脂肪率/Inbody 25%→18%です)

手足や肩周りなど全身はメキメキ絞れているのに、お尻と腰周りにあまり変化が見られません。

「体脂肪率15%や20%で…問題じゃない」とありますが、やはりここは気長に待つべきなのでしょうか。

もしくは下半身の筋トレのやり方を見直すべきなのか、有酸素に頼るといいのか、迷っています。

腰を激しく使うダンスなど効きそうだなあ・・・と、どうしても思ってしまって(笑)

お忙しい中、記事にコメント返信にと大変だと思います。お手数をおかけしますが、気長に待っていますのでよければお答え頂けると嬉しいです。


八百 健吾
2015年3月24日 at 12:04 pm
satokoさん初めまして。

体脂肪率は正確に測れるものではないので、数字を気にする必要はないんですが、女性はお尻・太ももまわりの脂肪が順番的に最後になることが多いです。

部分ヤセというのはできないので、じっくり気長に落としていくということになります。

有酸素運動を入れられるかの前に、カロリー収支のマイナス幅が良い具合に保てるように、食事量と経過のチェックを注意してみると良いかなと思います。

ガンバってください^^


petitpiaf111
2017年5月18日 at 9:30 pm
有酸素運動が、少なくとも素人が体型管理したい位のレベルでは、全然役に立たない(健康への寄与は別として)というのは、これまた自体験から納得です。

前に述べた通り、朝食を取るようになってカロリーが増え更に太った訳ですが、同時に夫に付き合って有酸素運動も始めたんです。ウォーキング、ジョギング、サイクリング、登山…ほぼ毎日です。

それまで全く運動してなかったので、適応する為に脚に筋肉が少しばかりついて太くなり、1km毎に休憩が必要だったのが20q歩けるようになりましたが、全っ然痩せませんでした。
ダイエットは食事管理、これにつきます。



八百 健吾
2017年5月22日 at 9:19 am
petitpiaf111さん、コメントありがとうございます。

>素人が体型管理したい位のレベルでは、全然役に立たない
体脂肪を落としていくには、カロリー収支がモノを言うので、有酸素運動をしていても、それ以上に食べてしまうと体脂肪は落ちてくれないですね。

場合によっては、カロリー消費量を増やすのに有酸素運動が役に立つ方も居なくはないので、ケースバイケースではあるんですが、有酸素運動の前にやはり食事を考えましょうということになりますね。


筋トレやったけど成果が出ないと言う人がいますが、どれだけの人がまともな筋トレをやったのでしょうね。筋トレがダメなのではなく筋トレではなかったと言うだけ。

「YURUKU」という怪しい手法を掲げる本人は筋トレしたけど下半身太りが解消しなかったと言っていますが、どうせ筋トレと言えない運動を筋トレと思い込んでやっていたのでしょうし、食事がデタラメだったのでしょう。

しかも「維持できる」と自慢げに語っていますが、維持ということは向上していないということです。体型を維持していることを自慢にしている人間なんて程度が知れています。


何より許せないのは本物の筋トレをしてこなかったくせにボディメイクを語っていることです。しかも太い=悪・細い=善という二元論で人を貶める。歩くことと呼吸だ?完全に筋トレを見下していますねこのクズは。こんな低レベルな人間がよくも体について発信できたものです。怒りがおさまりません。

歩き方を良くするのは結構なことですがそんな遠回りなことをしなくても、体を変えたければ正しい知識に従って高強度トレーングをすれば済む話です。
890bd688fe904e6d6af9f1db794fa720.png

000_523878_344326705664800_858616269_n.png


私なんて1日のほぼ全てがベッドの上なので殆ど歩きません。姿勢?そんなに悪くないでしょうが仰向けばかりなので。しかし週3回1時間の筋トレで10代の頃より確実に体型は良くなりましたし、これからも向上させるつもりです。

正しい筋トレには、寝転んでばかりの人間の体型を向上させるだけのポテンシャルがあるのです。間違った筋トレしかやらない人にはそのポテンシャルが分からないでしょうが。


正しい知識を前提にした筋トレは最も時間効率が良く最も確実に体型を変えられますし、更には維持ではなく「向上」も望めます。

正しい食事と筋トレを実践しなかったくせに筋トレを貶めて【太ももが太く お尻が大きいのは立ち方と歩き方が原因】と結論する無神経さと傲慢さ。この勘違い振りには殺意すら芽生えます。

お尻を大きい小さいでしか語ることができず、ウォーキングなんて薦める素人は即座にこの世から消えてください。
cardio vs squats.png

000_523539_471673152930154_1556122499_n.png

000_644153_478544082243061_321559878_n.png


本当に効率よくボディメイクしたければ、トレーニング原則と栄養管理の優先順位をまず勉強しましょう。原則の中で特に重要なのが漸進性の原則と過負荷の原則です。一度検索してみてくださいね。


Athletebody.jp フィットネス業界のウソと戦う肉体改造ガイド
レジスタンストレーニング「漸進性過負荷の原則」
ランニングで腹筋が6つに割れてくる?
体形改善のための有酸素運動の使い方
ダイエット中の筋トレと有酸素運動
お腹やせエクササイズという夢物語
ダイエットガイド
栄養管理のピラミッド


Atlas Online Fitness 科学的根拠に基づくフィットネス指導
理想のダイエット法というものは存在しない


Nice Body Make・・・よもやま話
第52回 ダイエット開始直後の体重減の正体は水分です!


YURUKUはインチキ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
posted by 在宅郎 at 17:35 | Comment(0) | 肉体改造で心身改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事