小さすぎて抜けないUSBドングルを引っ張りやすくする

ひ004.png

USBポートに挿せるアイテムは色々あります。記録メディアからワイヤレス機器まで、USBポートで利用できるアイテムの充実ぶりはユーザーにとっては有り難いことです。

またそれらのアイテムは挿していることを忘れるくらい小型化されているので重宝している方も多いでしょう。

例えばBluetoothでワイヤレス環境を構築したい場合でも小型のUSBアダプタ1つで手軽に実現できます。しかしながら便利なはずの小ささが仇となるケースもよくあります。

それは小さすぎて引っ張り出せないということです。無理に引っ張って上部のパーツが取れたり破損したという人も少なくないと思います。そうなると抜くのがより困難になります。

ワイヤレスアダプタは頻繁に抜き挿しするようなものではない思いますが、やはり簡単に引っ張り出せるほうがストレスが溜まりません。

プラネックスのBluetoothUSBアダプタは引っ張りにくさに対処しストラップホールが開けられています。ストラップを通せば引っ張り出しやすくなりコンパクトな機器の短所がなくなります。

USBドングルは大抵非常に小さいのでプラネックスのようにストラップホールがあれば良いのですが、私の使用しているLogicoolのUnifyingレシーバーにはストラップホールがありません。

旧PCの頃は前面のUSBポートにUnifyingレシーバーを挿していたのでストラップホールがなくてもそれほど抜きにくいことはありませんでした。ところが新PCでは最初背面に挿していたので、いざ抜こうとした時に非常に苦労しました。

現在は背面にL型USB延長ケーブルを挿し、その先端にUnifyingレシーバーを挿しています。なぜそうしたのかは別記事で詳しく書きましたが、Unifyingレシーバーとワイヤレス機器を近付けることで動作の不調がなくなったからです。
USB_r0004.png

USB_r0005.png


不調がなくなったのでUnifyingレシーバー挿しっぱなしにしているのですが、稀に抜きたいときがあります。L型USB延長ケーブルの先はPC背面よりも格段に抜き出しやすいのですが、今後どの場所でも抜き挿しがしやすくなるようにコード結束用の3M ワンタッチベルトとビニールテープでストラップを作りました。
USB_r0006.png


使用した材料に特別な意味はなく、たまたま手元にあっただけなのでベストな方法ではないことをお断りしておきます。これでちゃんと役割を果たしてくれているので良しとしました。



【使用マシン】
サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル

【構成パーツ・周辺機器】
●CPU


●マザーボード


●メモリ


●グラフィックボード


●電源


●マウス


●キーボード


●L型USB延長ケーブル


ランキング参加中 USBドングルは引っ張りにくい!という人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント