階段付きロフトベッドを数年使ってみて良かったこと悪かったこと

ひ004.png

2013年9月にロフトベッドを購入後、今まで使い続けて良い点と悪い点を書き出してみます。因みに私の購入したベッドは既に販売終了していますが、同じ仕様の商品が複数のショップから販売されていますので、最も安い商品ページを載せておきます。

z180205ki2034.png


良かったところ
・部屋の空間を有効に利用できる


悪かったところ
・階段の塩ビ化粧板に剥離が生じ見栄えが悪くなる
・夏場は非常に暑くなる
・階段の分だけ幅をとる


悪かったところの数が多いですが、これは強いてあげているマイナス要素であり、私としては満足しています。

ロフトベッドの短所は夏場の暑さ。しかし、これは天井高でも違ってきます。私の部屋の天井高は2m25㎝でベッドの上だと日中はかなり暑くなります。

私のように日中ベッドにいる人は少ないでしょうが、それでも扇風機があれば凌げます。夜から朝にかけてしか使わない人や、エアコンのある部屋なら暑さで困ることはないと思われます。

ロフトベッドも色々あります。私がハシゴタイプではなく階段タイプにしたのは、上り下りのしやすさとちょっとした物を置けるという点からです。

階段の踏板に使われている塩ビ化粧板についてですが、使用頻度が高い私の場合5年目でフィルムが剥がれてきました。ペロリと綺麗に剥がれますのでDIYが得意な人は好きな色に塗装してリペアするのも楽しいかも知れません。

宮棚について。宮棚は取り付けず幅90㎝奥行46㎝のメタルラックを置いています。部屋とベッドの寸法を確認してメタルラックを置けると判断したので同時期に購入したのですが正解でした。メタルラックの棚の位置を調整し小物やPCを置いています。

宮棚では奥行きが足りないという場合にメタルラックは便利です。

ベッドと同色のブラックで揃えるためにアイリスオーヤマのメタルラックを選びました。メタルラックはいつもルミナスなのですが、ブラックでポール径25mm幅90㎝奥行46㎝のモデルは当時も今もルミナスのラインナップにはありません。


オリーブやグレーならルミナスにありますのでカラーコーディネートをもっと楽しみたい人はルミナスをお薦めします。


記事のはじめに私の購入したベッドと同じ仕様の商品が販売されていると書きましたが、商品ページをよく見るとグレードアップしていました。

・高さ調整できる(ハイタイプとロータイプの二段階)
・ホワイト、ブラウン、ブラックの3色から選べる
・カーテンポール付き
・落下防止の寝返りストッパーに縦パイプが追加されて強度がアップ


私の購入したベッドはハイタイプ固定で高さ調整できませんし、色はブラックのみ、カーテンポールはなし、寝返りストッパーに縦パイプはありませんでした。しかも私が買ったときのほうが価格が高い。

私は送料含め37,800円で購入しましたが、同等品は29,800円。マットレス付属の有無という違いはありますが、かなり改良されていてこの価格ならお買い得だと思います。

ブルックリンスタイルとの相性も良さそうです。

仕様は下記の通りです。
・材質
フレーム/スチール

・表面加工:フレーム/エポキシ樹脂塗装
宮棚:プリント紙化粧繊維板
階段板:塩ビ化粧板

・耐荷重
メッシュ床:約120kg
階段:約80kg
ハンガーポール:約10kg
カーテンポール:約2kg
宮棚:約5kg

・カラー:ブラック、ブラウン、ホワイト
・個口数:3
・商品サイズ(単位:約mm)
・商品外寸:幅2550×奥行1000×高さ1730
・商品重量:約70.75kg

・梱包サイズ1:幅1070×奥行1325×高さ150
・梱包重量1:約38kg
・梱包サイズ2:1055×奥行1065×高さ150
・梱包重量2:約28kg
・梱包サイズ3:幅470×奥行1925×高さ80
・梱包重量3:約13.95kg











ランキング参加中 ロフトベッド良いよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント